世の中とんとん

2018/8/12 (敬称は省略) 世の中とんとん 挑戦者というのはやはり新機軸かなにか代わるものが必要なのに、石破の場合は何もない。 核廃絶とか原発廃止も何もない。 これでは殆ど現状追認でチャレンジャーとしては資格失墜だ。 総裁選に名乗り上げたが殆どマスコミでも単なる報道で済ましている。 加えてその内容に公平・公正などとモリカケの批判も含めているようだがとんと迫力はない。 これでは一方の批判勢力としての代弁者の資格はない。  ただ進次郎待ちを予想しているだけならば余りにも能がなさすぎる。 もっと議員内での輿望をなぜに巻き起こす努力を欠いていたのか???? 努力不足はぬぐえない。 そんなにおのれが大物と勘違いしているのではないか??? 人望のなさがわずかに20人の同志しか集まらないことに象徴されていてそれば前回と同じで成長の跡がないのは歴然である。 地方票も大事だか議員票こそがトップになるための象徴であるはずだ。 押されてなるほどの大物ではないということだ。いずれにしてももしなにかあるとすれぱ進次郎絡み以外には何もない。もと実力者連中もいっても外野席のアウェーである。

その意味でも旋風があるとすれば進次郎に尽きる。   ????