今年は猛暑で“蚊”が減少 むしろこれから増える?

今年は猛暑で“蚊”が減少 むしろこれから増える?

8/17(金) 17:01配信

All Nippon NewsNetwork(ANN)

[ 前の映像 | 次の映像 ]

 今年はいないなと感じられている人も多いと思う。猛暑の影響で減っているという「蚊」。しかし、油断は大敵。専門家は気温が下がるこれから蚊は増えてくると警鐘を鳴らしている。

 

 夏になると活発になる厄介者の蚊。ところが今年は…。もしかして、蚊も夏バテ?殺虫剤を扱うホームセンターでは…。

 スーパービバホーム新習志野店・横山翠さん:「例年ですと、7月ごろから商品が動き始めるんですけど、今年は7月、8月になってもお客様が商品を手に取る回数が少なくなっている」

 KINCHOによると、7月から8月上旬にかけての蚊取り線香と虫よけスプレーの売り上げは前年に比べて下がったという。どうやら地域によっては蚊が少ないというのは本当のようだ。蚊の生態に詳しい専門家は…。

 害虫防除技術研究所・白井良和さん:「猛暑で気温が高くて降水量も少ない地域では、水たまりが少なかったので蚊の成虫が少なかったと考えられます」

 例えば、今年7月の東京の降水量は平年の7割程度。蚊の幼虫、ボウフラの発生に適した水たまりが少なかった可能性がある。さらに、気温35度以上の猛暑日になると蚊の活動自体も鈍るという。ただ、油断は禁物だ。専門家によると、蚊の活動が活発なのは気温が25度から30度の時。気温が26.9度だった取材中にも…。蚊は取材をしていた建物の裏など日陰を好み、朝や夕方になると活動が活発になる。大気が不安定になっている最近の関東地方。急な雨で水たまりができるなど蚊の発生条件が整ってきているという。

【関連記事】

8月なのに寒っ! 今村涼子「ゴーちゃん。天気」

ボクシング連盟の理事“総辞職” 会長共々刷新へ

福岡中心部で通勤時間帯に多重事故 2人けが

逃走男はこんな背格好 逮捕前の容疑者映像を公開

【全国の天気】“秋の空気”で週末も陽気さわやか

猛暑で蚊減少 これから増加?

8/17(金) 22:42 掲載

今年は猛暑で“蚊”が減少 むしろこれから増える?

 今年はいないなと感じられている人も多いと思う。猛暑の影響で減っているという「蚊」。しかし、油断は大敵。専門家は気温が下がるこれから蚊は増えてくると警鐘を鳴らしている。(テレビ朝日系(ANN))

[動画を見る]

ココがポイント

蚊が活発に活動する気温は25〜30℃なのだという

出典:日本テレビ系(NNN) 8/9(木)

全国の「蚊ケア指数」

出典:tenki.jp「日直予報士」

17日、40日ぶりに猛暑日地点ゼロだった 7月8日以来

出典:ウェザーニュース 8/17(金)