重陽の節句

本日9月9日は、五節句のひとつ重陽節句

菊を用いて不老長寿を願うことから

別名菊の節句といいます

五節句とは、

江戸時代に定められた5つの式日今でいう祝日。

1月7日の人日の節句七草粥

3月3日の上巳の節句桃の節句雛祭り、

5月5日の端午の節句

7月7日の七夕の節句

9月9日の重陽節句をさします。

古来、奇数は縁起の良い陽数、

偶数は縁起の悪い陰数と考え

その奇数が連なる日をお祝いしたのが五節句の始まりで

めでたい反面悪いことにも転じやすいと考え、

お祝いとともに厄祓いもしていました。

中でも一番大きな陽数9が重なる9月9日を

陽が重なると書いて重陽節句と定め、

不老長寿や繁栄を願う行事をしてきました。

重陽節句の主役は菊

節句は行事と関係する植物の名前を冠して呼ばれることも多く

1月7日は七草の節句

3月3日は桃の節句

5月5日は菖蒲の節句

7月7日は笹の節句

そして9月9日は菊の節句と呼ばれています。

古来、菊は薬草としても用いられ、

延寿の力があるとされてきました。

菊のおかげで少年のまま700年も生きたという

菊慈童きくじどう伝説もあります。

また、他の花に比べて花期も長く、

日本の国花としても親しまれています。

庶民の間ではお九日くんちと呼ばれて親しまれ、

秋の収穫祭と合わせて祝うようにもなりました。

有名な長崎くんち唐津くんちはその名残。

重陽節句は菊尽くしを楽しんでみる

重陽は菊にまつわるものを多用した菊尽くしが喜ばれます。

菊の花はもちろんのこと、

菊の食べ物、菊の文様の器、菊の絵など

いろいろなものを組み合わせてみましょう。

命を尊び、健やかで幸せな日が続くことを願う

重陽節句を、あなた流にぜひ楽しんでみてください。

五節句の日にちを見ると、奇数の並んだ日ばかりです。

中国の陰陽思想では、

奇数は陽、偶数は陰とされていますから、

五節句はいずれも

陽のパワーが強まる日ということになります。

中でも重陽節句は奇数の最大数である9が並んだ日。

つまり、陽のパワーが最大化する日、と言えます。

陰極まりて陽、陽極まりて陰

と考えられています。つまり、

陽が最大化すると、転じて陰となる、という考え。

ですので、単純にラッキーデーというよりは

極端に偏ったパワーの強い日なので、

浄化をしたりバランスを取るための

開運行動が重要な日なのです。

五節句はいずれも陽の氣が高まりすぎる日。

そのため、昔から節句には行事食と呼ばれる

季節の食べ物を摂ることで

陰陽バランスを取り、心身の健康を図ってきました。

重陽節句は陽の気が最大に満ち溢れている日なので、

食べ物で陰のエネルギーを取り込んで、

バランスを取りましょう。

財布を新調する

秋に買う財布は空き秋財布などと言われて

敬遠されたりもしますが、

この重陽節句は実は財布を新調するのにおすすめ

そもそも、秋は実りの秋収穫の秋であり、

豊かな氣金の氣がみなぎる季節なのです。

お財布を使い始める前にできるだけ多くのお札を入れておき、

お財布自身に自分の普通の状態これぐらいだ!

と覚えさせるのがいいのです

財布はパワーを記憶します。

ですので、この陽プラスの氣が最大化する

重陽節句に購入する財布は、

最大のプラスのパワーを帯びているとも言えます。

プラスの金の氣が最大化したお財布を購入できる日。

これほどまでに財布を新調するのに

適した日はないかもしれません。

スピリチュアル的には、

財布の購入にとてもおすすめの日です。

最も大切なことは

感謝すること

手放したいものをはっきりさせる

具体的なステップを踏む

ことにも向いていると感じます。

感謝を伝える

人間関係の整理

仕事の整理

掃除

古い観念思い込みや考え方を新しく更新する

といったことをすると

宇宙の流れが開運の後押ししてくれるかもしれません。

スッキリさせて、明日10日の乙女座新月を迎えましょう